環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

低炭素社会

低炭素社会(ていたんそしゃかい:Low carbon society)とは、炭素(二酸化炭素)の排出が少ない社会のことを指す。地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出量が小さい社会で、排出量と吸収量が同じ(カーボンニュートラル)であること、またはそれに近い状態を目指すもの。

低炭素社会の実現に向けては循環型社会との取り組みを図る必要があるが、これには太陽光発電システムなどのクリーンエネルギーの開発面や規制強化などが求められる。一般的には、再生可能エネルギーの活用、エネルギー効率の向上、無駄なエネルギー消費を削減などが代表的な手段とされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典