環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

クリーンエネルギー

クリーンエネルギー(Clean Energy)とは、電気、熱などに変えても二酸化炭素、窒素酸化物などの有害物質を排出しない(または少ない)エネルギーのこと。一般的には自然エネルギーである太陽光発電システム太陽熱温水器水力発電風力発電地熱発電などが挙げられる。また化石燃料の中でも、有害物質の発生がすくない天然ガスも、石油と比較してクリーンエネルギーと呼ばれることがある。

クリーンエネルギーという言葉は特定の明確な定義があるわけではない。最近では、太陽光発電、風力発電のようなグリーンエネルギー、再生可能エネルギーなどの言葉のほうが使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

クリーンエネルギーに関するQ&A・クチコミ

クリーンエネルギーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

原子力発電は「地球環境に優しい」クリーンなエネルギーですか?
温室効果ガス削減と経済発展を両立するには?
オール電化=時代遅れ(格好悪い) エネファーム=時代のニーズにあう(知的な選択) となりそうですね
地球温暖化対策は本当に必要ですか?
あれだけエコだ環境だと二酸化炭素や排気ガスを悪者にし、これからは電気自動車だ!EVだ!と向かう先はクリーンなエネルギーとしての「原発」の建設 …
原発による発電量を
屋根に取り付けるソーラーシステムって確かに太陽光のエネルギーで、
今こそエネルギー政策について真剣に考えるべきではないでしょうか。
太陽光発電が環境にやさしいのは何故でしょうか?太陽光発電しても二酸化炭素は減らないと思いますがいかがでしょう?
地球温暖化対策を止めるにはどうすれば良いですか?(STOP地球温暖化対策)