環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

循環型社会

循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)とは、経済活動における資源やエネルギーの損失がでないことを理想的な状態として資源の利用により、結果として次の資源を生成するというリサイクルを通じた循環型の社会を指す。

循環型社会形成推進基本法によると、循環型社会とは「製品等が廃棄物となることが抑制され、製品等が循環資源となった場合に、これを適正に循環的な利用が行われることが促進され、及び循環的な利用が行われない循環資源については適正な処分が確保され、もっと天然資源の消費を抑制し、環境への付加ができる限り低減される社会をいう」とされている。

リデュース(ごみを出さない)」、「リユース(再使用する)」、「リサイクル(再生利用する)」の3R活動などもこうした循環型社会を形成するための活動の一つである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

循環型社会に関するQ&A・クチコミ

循環型社会に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

下水処理場で、処理後に残る焼却灰は、堆肥として活用できるのでしょうか?
同じ質問何度もすいません。循環型社会をつくるうえで二酸化炭素を減らすことは関係ありますか?
ペットボトルリサイクルの効率が上がらない理由は何だと思いますか?
循環型社会の問題点って何ですか?
循環型社会を目指してという宿題がでました。
身の回りで循環型社会として取り組まれていることって何ですが?
環境民俗学、環境文学、低炭素社会、自然共生社会、循環型社会のこの5つのキーワードを踏まえ、これからの「生産」及び「環境」のあるべき姿について …
人間は環境との係わりの元で生活し生産活動をしているが、循環型社会を形成するなどの工夫次第では環境に対して、変化を加えずに生存できる。
C社と副産物の委託販売契約書を交わし、再利用先のT社と当社間でも売買契約書を締結し、金の支払いルートに当社が介在し、委託販売手数料やアイデア …
循環型社会について教えてください!!