環境ビジネス用語辞典エコ・環境活動一般 >カーボンニュートラル
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

カーボンニュートラル

カーボンニュートラル (Carbon Neutral) とは、環境における炭素量に対して中立であるという意味。ある生産や活動を行う場合に排出される二酸化炭素(カーボン)の量と吸収される二酸化炭素の量が同じ量である状態のこと。

関連用語として、排出量のほうが多い場合を「カーボンネガティブ」、吸収量のほうが多い場合を「カーボンポジティブ」と呼ぶ。

厳密にいう場合、植物由来の燃料や原料を燃焼させるなどして排出される二酸化炭素の排出量に対して、その植物が成長する過程で光合成を通じて吸収した二酸化炭素の量が同じであることを指す。植物由来の燃料(バイオマス燃料)などが代表的で、バイオエタノールなどは燃焼させることで二酸化炭素を排出するが、その二酸化炭素は植物が成長する上で吸収してきた二酸化炭素であるため、カーボンニュートラルであると表現される。

なお、広義にはカーボンオフセットなどにより排出した温室効果ガスを、別の活動(例えば植林など)により吸収させ排出量=吸収量とした場合も「カーボンニュートラル」と呼ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典