環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

夜間電力

夜間電力(やかんでんりょく)とは、電力会社などによって夜間に発電されている電力のこと。深夜電力とも呼ばれる。夜間電力は昼間に比べて電力需要が少ないこと、また化石燃料の使用割合が低いため、昼間電力よりも環境負荷が低い。

また、需要が小さいことから電力自体を余らせている。その為、電力会社では夜間電力を活用する家電製品を電機メーカーと開発しており、電気温水器エコキュート、蓄熱暖房機などが実用化、販売されている。
こうした夜間電力を活用する事で逆に昼間の電力需要を減らすことができるため、電力需要不可を平準化することができる(ピークカット)。

さらに、余剰電力をNAS電池による蓄電なども研究が進められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典