環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

環境負荷

環境負荷(かんきょうふか)とは、環境に与える一般にマイナスの影響のことを示す。環境基本法では「環境への負荷」として人的に発生する環境保全上の支障となる原因・そのおそれのある物として定義されている。

例えば、ある製品を生産することにより、排出される二酸化炭素(CO2)がおおければその製品の環境負荷は高いとされる。地球温暖化以外にも水質汚濁大気汚染騒音なども環境負荷として含まれる。
具体的に環境負荷を数値化したものとしてカーボンフフットプリント(工業製品の生産から廃棄により放出される二酸化炭素量)、フードマイレージ(食料の移送による環境負荷を示す)、エコロジカルフットプリント(消費する資源を再生産する上で必要な面積)などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典