環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

ゴミ発電

ゴミ発電とは、廃棄物エネルギー活用手段の一つ。ゴミを焼却処分する際の余熱を利用して発電するという方法のこと。廃棄物の中でもリサイクルリユースができないものについては処分する際にエネルギー回収をすることで循環資源として活用する方法のこと。

廃棄されるゴミを燃焼させ、発電することで処分される廃棄物が電気エネルギーとして回収される。欠点としては発電効率が悪いという点や、しっかりとした発電設備で無い場合にはダイオキシンなどの有害なガスが発生することがあるという点が挙げられる。
一般にはごみ発電で発電された電気は電力会社に売電されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

ゴミ発電に関するQ&A・クチコミ

ゴミ発電に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

「食べ残す」ということは地球環境にとって悪いことですか?
不動産屋を告訴したいのですが、私の言い分が通るか皆様の考えを教えて頂きたく質問しました。 内容ですが、私が25年の夏頃から家を建てる計画が上 …
「環境先進国ドイツ」のウソ
ガス給湯器の排気をビニールハウスへ誘導し収穫率向上
地球温暖化対策として看板などの内照照明がLED化されつつあります。
原発がダメだとしたら、身近に火力発電所をつくるのを代替案として考えるのが一番だと思うのですが、ゴミ焼却場で海水や高度下水処理水などを利用して …
災害時の備えについて。 私は静岡に住んでおり、東海大地震を主とした防災の備えについて、最近になり本格的に準備をしようと思い始めたところです …
100枚お礼します
【環境意識調査アンケート】にご協力下さい!【大学課題】
ゴミ焼却所で発電すれば、一石二鳥ではないでしょうか?