環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

リユース(3R)

リユース(Reuse)とは、再利用するという意味。3R活動の中でもリデュースの次に重要な概念とされている。自分が不要になったものでも、第三者に譲渡すればその人が有効に使ってくれるかもしれないため、不用品は廃棄するのではなく、再利用するという考え方。

具体的には、不用品はバザーやリサイクルショップ(中古屋)などに持ち込んで他の人に使ってもらったり、自分が使う場合でも別の目的で利用できないかを工夫するなどが挙げられる。
ちなみに、リサイクルショップとあるが、これは厳密にはリサイクルしているわけではないため、正式には「リユースショップ」である。

また、社会全体でも、空き瓶などは一度溶かしてリサイクルするよりも、そのままラベルを交換して再利用するほうが、エネルギー消費量は少なくて済む。リターナブル瓶などと表記されている瓶はそうして利用するので、そうしたリターナブル商品を購入するのもリユース活動の一つといえる。
循環型社会を形成する上でも重要な概念である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典