環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

リサイクル(3R)

リサイクル(Recycle)とは、3Rにおける活動の一つで、出てしまったゴミについてはリサイクル(資源として再循環する)ということを指す。3R活動の中では、リデュースして、リユースしても出てしまうゴミについてはリサイクルするという意味になり、3つの活動の中では最後の活動となる。

リサイクルとは、再循環と訳すことができ、一般的にリサイクルという場合には「リユース(再利用)」の概念も含まれていることが多いが、厳密には資源または熱源として再資源化という意味合いとなる。

資源としての再資源化という場合、例えば一度使用したアルミ缶を、再度溶かして再構築して建材として利用するなどが挙げられる。一方熱源としての利用としては食用油についてはディーゼルエンジン用の燃料に再資源化するなどが代表的。

なお、リサイクルをすること=100%環境に良いとはいえないという点は認識しておく必要がある。リサイクルをする場合も当然リサイクルに伴うエネルギー負荷が必要になるため、リサイクルに必要なエネルギーの生産コスト(環境的な意味合いも含む)がリサイクルによる利益や、再資源化に伴う環境への良い影響を上回る場合にはリサイクルをしないほうが、環境負荷が小さいということになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典