環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

太陽電池

太陽電池(たいようでんち:Solar Cell)とは、光エネルギーを電気エネルギーに変換する電気機器のこと。光電池とも呼ばれる。光を受けることで即座に電力に変換して出力される。シリコンを使ったものが主流だが、無機化合物、有機化合物による太陽電池なども実用化されている。

太陽電池を一つのセルとして、これを服す上手い直並列接続することで、必要十分な電圧と電流を得ることができるようにしたパネルを「太陽電池モジュール」と呼ばれる。さらにそれを複数列属して必要な電力が得られるようにしたものを「太陽電池アレイ」と呼ぶ。

アレイ>モジュール>セル

というように大きさが異なっている。通常、太陽光発電システムについては、モジュール単位で販売され、各家庭や設備で組み合わせが行われ一つの太陽電池アレイとなるのが一般的である。なお、発電設備としての太陽電池については「太陽光発電システム」のページを参照。

太陽電池には、その使われる素材によりいくつかの種類に分類される。代表的な太陽電池としては「単結晶シリコン」「多結晶シリコン」「アモルファスシリコン」などがあるが2009年現在で最も主流な太陽電池発電効率変換効率)と価格のコストパフォーマンスの高さから多結晶シリコンとなっている。

また、シリコン以外の化合物を使った太陽電池や有機化合物を使った太陽電池についても研究がされており、特に有機太陽電池については生産コストの安さともあいまって将来的な普及が予想されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典