環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

単結晶シリコン

単結晶シリコン(たんけっしょうしりこん)とは、高純度のシリコン単結晶ウエハーを半導体の基板として使用する太陽電池モジュールの種類。技術的に最も古く成熟している。多結晶シリコンアモルファスシリコンなどを使った太陽電池と比較して発電効率が高いというメリットがある一方で、製造工程が複雑なため高価である。

近年では、多結晶シリコンの方が主流となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

単結晶シリコンの関連サイト

単結晶シリコンについて関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

太陽電池モジュールの種類と特徴

 

単結晶シリコンに関するQ&A・クチコミ

単結晶シリコンに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

【至急】
太陽光発電パネルの単結晶と多結晶の値段の違いはどれくらいですか?
太陽光発電を考えてます。単結晶について教えて下さい。
太陽光パネルの中のHITシリーズに関する質問です。
太陽光発電 化学系のパネルはどれくらい雨や曇りの日に発電するのですか?
太陽光発電でホンダソルテックとシャープの見積もりに対する意見をください。