環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

多結晶シリコン

多結晶シリコン(たけっしょうしりこん)とは、太陽電池の中でも結晶の粒が数ミリ程度のもの。単結晶シリコンと比較して発電効率は落ちるものの、生産に必要なエネルギー比(エネルギー収支、EPT、GEG排出量など)で見れば単結晶シリコン太陽電池よりも優れる。

現在ではコスト・性能の違いから、単結晶シリコンを使った太陽光発電システムから多結晶シリコンを使ったものに移行が進んでいる。
る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

多結晶シリコンの関連サイト

多結晶シリコンについて関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

太陽電池モジュールの種類と特徴

 

多結晶シリコンに関するQ&A・クチコミ

多結晶シリコンに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

太陽光発電は、今が設置時でしょうか?
太陽光発電パネルの単結晶と多結晶の値段の違いはどれくらいですか?
太陽光パネルって色々種類があるそうなのですが、それぞれどうなのでしょうか?
太陽光発電のローン購入での設置についてお尋ねします。
よくある質問なんですが滋賀県守山市の自宅に太陽光発電を導入を検討してます。
太陽光パネルの発電量について・・・
太陽光発電 化学系のパネルはどれくらい雨や曇りの日に発電するのですか?