環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

アモルファスシリコン

アモルファスシリコン(amorphous silicon)とは、ケイ素を主体とする非結質半導体。太陽電池などに応用されており、単結晶シリコン多結晶シリコンなどと比較して、エネルギーギャップが大きく、光吸収係数が高い、製膜が簡単などの特徴を持ち、次世代太陽電池の素材として期待されている。

一方で、現時点では単結晶シリコン多結晶シリコンより紫外線による劣化が起こりやすい、発電効率が悪いといった点が課題となっている。
三洋電機などが販売するHIT(Heterojunction with Intrinsic Thin-layer)については、このアモルファスシリコン単結晶シリコンを組み合わせたものとなっており、高い変換効率などが評価されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

アモルファスシリコンの関連サイト

アモルファスシリコンについて関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

太陽電池モジュールの種類と特徴

 

アモルファスシリコンに関するQ&A・クチコミ

アモルファスシリコンに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

太陽光発電パネルだけの設置と信頼できて安いパネルはどこでしょうか?
太陽光発電はサンヨーと東芝どちらがいいと思いますか?
太陽光で質問です。
太陽光発電で先日、東芝製5.04Kw工事費、周辺機器等など全て込み込み253万で契約しました。補助金を全て繰り上げ返済して月々20000円払 …
太陽光パネルの中のHITシリーズに関する質問です。