環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

合成洗剤

合成洗剤(ごうせいせんざい)とは、石油・油脂などを原料に科学的に合成された洗剤のこと。純石けんと比較して水溶性、洗浄力に優れたため洗濯機などの普及と共に広まった。主成分の界面活性剤に洗浄補助剤などを加えたもの。

合成洗剤の成分ABS(アルキルベンゼンスルホン酸塩)が分解しないで残ることから河川などでの発表、リン酸塩などが含まれることから富栄養化の原因などとして水質汚濁が問題化した。
そのため、環境への負荷の少ない製品研究が進められ、ABSよりも環境負荷の小さいLASが、リン酸塩の大体として酵素などを使う技術が開発された。

近年では、石けんと合成洗剤環境負荷はほとんど大差ないという説もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典