環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

水質汚濁

水質汚濁(すいしつおだく)とは、河川や湖、港湾、海などの状況が、人間の活動によって損なわれることを指す。大きく「有害物質」「水中環境悪化」「富栄養化」「濁水」などに分類することができる。日本では、環境基本法で最低限度ではない「目標」として環境基準が定められている。

また、水質汚濁防止法では、一日に50平方メートル以上の排水をする場合についての規制や、公害健康被害補償法に先立ち汚染者負担原則などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典