環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

メタンガス

メタンガス(methane)とは、可燃性ガスの一つ。有機物の腐敗や発酵などにより発生する。用途としては燃料として利用され、都市ガスなどにも含まれている。バイオマス分野でも研究が進められており、バイオガスとして既に実用化もされている。

このほか、海底や地上の永久凍土にはメタンハイドレートという形でメタンが大量に貯蔵されていることが分かっており、現在その分野でも研究・実用化がすすめられている。
一方でメタンガス温室効果ガスとしても知られており、同じ量の二酸化炭素(CO2)の20倍もの温室効果があるとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

メタンガスに関するQ&A・クチコミ

メタンガスに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

原発の再稼働に大反対!!! ・・・です。
なぜ、ベジタリアン含む菜食者でエコ気取りな人は、牛の出すメタン(ゲップや糞)をことさら問題視し、二酸化炭素の20倍も温暖化効果があるなどの誇 …
オール電化=時代遅れ(格好悪い) エネファーム=時代のニーズにあう(知的な選択) となりそうですね
また、肉を食べるより野菜を食べることをお薦めするのは体の健康面のためだけではありません。
牛のげっぷでメタンガス(?)が発生し、それも温暖化の原因の一つになっていると聞いたのですが、本当ですか?
温室効果ガスとそうでないガスとの違いの基準は何ですか?
昨日の温泉施設の爆発事故のニュースを見ていて思ったのですが、多くの温泉施設などではメタンガスを大気に放出しているのでしょうか?
家畜の飼育に伴う二酸化炭素発生量って膨大な量だったんですね!
なぜ温暖化問題を討議するのに畜産による生物生成メタンガスの影響を取り上げないのでしょうか? 年間の発生量に温室効果をかければ、化石燃料の燃焼 …
CO2 について