環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

水力発電

水力発電(すいりょくはつでん)とは、ダム等において高い場所から落ちてくる水の力で水車を回転させ、その力で電力をつくるシステムのこと。水量および水の落下する高低さがあるほど多くの電力を得ることができる。

水力発電の特徴としては短時間での発電が可能であることや出力の調整が比較的容易であるのことなどが挙げられる。日本には山や水に恵まれているという環境面から、水力発電に優れているとされている。(ただし、火力発電の大規模化や原子力発電の台頭などにより水力発電の発電ウェイトは減少しており。、09年現在では全発電量の10%未満である)

水力発電自身は二酸化炭素(CO2)といった温室効果ガスを排出しないクリーンな発電法であるが、その発電をするための設備を作るためには多くの資金が必要にいなることや生態系への影響から大規模な水力発電設備の建築は困難である。
そのため、近年では中小の河川・農業用水などを活用した小規模な水力発電が注目されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典