環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

グリーン電力証書

グリーン電力証書(ぐりーんでんりょくしょうしょ)とは、再生可能エネルギーにより得られた電力の環境的な付加価値を、取引可能な証書としたものを指す。また、その証書による取引制度自体を指す場合もある。グリーン電力制度とも呼ばれる。

太陽光発電システム風力発電バイオマス発電などの再生可能エネルギーにより得られた電力は環境的な付加価値を有していると考えられる。そこで、二酸化炭素(CO2)等の温室効果ガスを排出しない(または排出量の少ない)、グリーン電力については、その環境付加価値分証書にして市場で取り引き可能としたもの。

グリーン電力証書の利用者は、電力会社等から個人・法人等の電気利用者が通常の電気代に加えてのプレミアム分としてグリーン電力証書を購入する。
このプレミアム(追加負担)分については、再生可能エネルギーの開発事業者、発電事業者に対して助成金などの形として提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典