環境ビジネス用語辞典自動車・交通 >メタノール自動車
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

メタノール自動車

メタノール自動車とは、メタノール(メチルアルコール)を燃料に走行する自動車のこと。メチルアルコールは軽油(ディーゼル自動車)と比較して窒素酸化物などの大気汚染物質の排出量が少ないことから低公害車として注目された。

一方、メタノール自動車の燃料であるメタノールは、主に天然ガス、化石資源を原料としているため、地球温暖化対策などの面で魅力が少ないことから、バイオエタノールなどバイオマスから生成されるエタノールよりも注目度は低い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

メタノール自動車に関するQ&A・クチコミ

メタノール自動車に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

どんな車が地球に優しいでしょうか?
トイレのタンクの上に置く「液体ブルーレットおくだけ」の中身の薬液を、自動車用ウィンドウォッシャー液に詰め替えて使用してもトイレの器具及び環境 …