環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

低公害車

低公害車(ていこうがいしゃ)とは、一般のガソリン自動車やディーゼル自動車よりも環境配慮があsれた自動車のこと。排気ガスに含まれている大気汚染物質がゼロまたは排出量が少ない、燃費性能が高いなどの特徴を持つ自動車のこと。エコカーとも呼ばれる。

日本では、電気自動車(EV)、メタノール自動車、圧縮天然ガス自動車、圧縮空気車及びハイブリッド自動車 (HV) の5車種が低公害車とされる。低公害車認定を受けている自動車は税制面などで優遇される。

また、次世代低公害車として「燃料電池自動車」「ジメチルエーテル自動車」「水素自動車」の3車種が挙げられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

低公害車に関するQ&A・クチコミ

低公害車に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

やっぱり真に環境を考えるなら、ハイブリットやEVより自転車に乗るべきじゃない
「こちらは、廃品回収車でございます。要らなくなった・・・、」と住宅街を低スピードでよく走ってますけど、あれ、非常にうるさいです。色んな意味で …
バイオエタノールや、バイオディーゼルを燃料とした車は低公害車と呼びますか?