環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

地産地消

地産地消(ちさんちしょう)とは、それぞれの地域で生産された食品(農作物、水産物等)をそれぞれの地域内で生産しそれを消費することを指す。もともとは生産コストの観点から地域で必要だが生産されなかった食品等をそれぞれの地域で生産するという生産サイドの概念だったが、近年ではフードマイレージスローフードなどの概念と結びつき、環境保護、ロハスなどと結びついた。

近年における地産地消とは、地域で作られた食品等を当該地域内で消費することによる輸送による二酸化炭素(CO2)等の排出量の削減、地域経済の活性化、食育等の考えから地域の伝統的食事の保存などが取り上げられることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典