環境ビジネス用語辞典環境一般 >リターナブル瓶
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

リターナブル瓶

リターナブル瓶(りたーなぶるびん)とは、Returnable(繰り返し利用)が可能な瓶のこと。一升瓶、ビール瓶、牛乳瓶などが挙げられる。一般的には小売店を通じて回収され、洗浄されたのち再度中身が充填されて再び販売される。

デポジット制度が採用されているものもあり、こうしたデポジット(預かり金)があるリターナブル瓶の場合、小売店などに瓶を持ち込むと所定の金額を受け取ることができる。
1990年代の初頭はリターナブル瓶の回収率は極めて良好であったものの、近年は空き瓶を回収する小売店の減少などにともない減少傾向にある。一方で、リターナブル瓶の利用・回収・再使用は3R活動における「リユース(Reuse)」として再び注目が集まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典