環境ビジネス用語辞典統計・指標 >エネルギー収支比
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

エネルギー収支比

エネルギー収支比(EPR : Energy Profit Ratio)とは、エネルギーを生産する設備の性能を示す指標のこと。その施設に対して直接的・間接的に投入したエネルギー量に対して、その設備が生産(または節約)するエネルギーの大きさを比にしたもの。

例えば、ある太陽光発電システムを製造するのに10のエネルギーを投下したものとして、その設備が生み出す(節約する)エネルギーの総和が100だった場合、エネルギー収支比(EPR)は10ということになる。
このEPRが大きい設備ほどより効率的なエネルギー生産設備ということになる。エネルギー収支比(EPR)はこうした設備のライフサイクルアセスメントに用いられる。なおEPRの表示は例題の通り、単位の無い倍数で表すのが通常である。

なお、類似の指標としてエネルギーペイバックタイム(EPT)がある。EPTは生産に使ったエネルギーを何年で回収できるかという指標である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

エネルギー収支比に関するQ&A・クチコミ

エネルギー収支比に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

セルロース系のバイオ燃料は正味のエネルギーを得ているのですか?