環境ビジネス用語辞典法律・条例・制度 >ライフサイクルアセスメント
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

ライフサイクルアセスメント

ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment : LCA)とは、ある製品・設備に関して製造資源の採取、製造、使用、廃棄、輸送など全ての段階を通じて環境に対して与える影響を評価する手法のこと。略称であるLCAと呼ばれることも多い。

環境アセスメントが大規模な開発などに利用されるのに対して、ライフサイクルアセスメントが個別の商品や設備に対して利用されるという違いがある。

製品の原材料の採取採掘や製造、流通等の製品に関する全ての段階を含めて環境への負荷を評価することで、環境に対する負荷をより小さなものに帰るための手法として考えられている。

ライフサイクルアセスメント(LCA)は既に国際標準化機構(ISO)により標準化がなされている。LCAの手法の一つとして「エネルギーペイバックタイム」「エネルギー収支比」など様々な指標が存在している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

ライフサイクルアセスメントに関するQ&A・クチコミ

ライフサイクルアセスメントに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

エコカーって本当にエコロジーなの?
地球環境問題にたいしてどのようなスタンスをとればいいでしょうか?
洗い箸とマイ箸、どちらがよりエコなのでしょうか?
LCA(ライフサイクルアセスメント)とは?
水道水と井戸水とどちらが、環境負荷が大きいか教えてください。
LCA(ライフサイクルアセスメント)のことです。
LCA(ライフサイクルアセスメント)の解析プログラム無料で伝授戴けるNPOなど