環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

HIT(太陽電池)

HIT(Heterojunction with Intrinsic Thin-layer)とは、単結晶シリコンによる太陽電池アモルファスシリコン(非結晶シリコン)による太陽電池をそれぞれ組み合わせることで、原材料の使用量を減らしたり両面受光型にできるなどメリットがある。ハイブリッド型太陽電池とも呼ばれる。

製造者としては日本の三洋電機が主となっている。高い発電効率変換効率)、優れた温度特性などが評価されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

HIT(太陽電池)の関連サイト

HIT(太陽電池)について関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

太陽電池モジュールの種類と特徴

 

HIT(太陽電池)に関するQ&A・クチコミ

HIT(太陽電池)に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

こんにちは。
北向きの屋根に太陽光を考えています。架台で南向きに設置するつもりですが、そこまでして太陽光をつけるべきか迷っています。助言をよろしくお願いし …
太陽光発電を諦めさせるには?
自宅訪問にて、太陽光発電購入とその後のシュミレーションをしてもらいました。
太陽光発電を検討しています。パネルのメーカーですが、
現在太陽光発電を考えており、さまざまな業者から相見積もりを取った結果、最安が三洋HIT230×40(9.2kw)で398万円でした。15年ロ …
太陽光発電について。
太陽光発電についてよろしくお願いいたします。新築にあたり、太陽光パネルを載せる予定です。
太陽光発電システム HIT233×25枚の見積もりについて? 現在、以下の太陽光発電システムの導入で悩んでいます。 HIT233×25枚 …
太陽光パネルの設置位置についての質問です。パネル設置を予定しているのですが、どうしても北東側か北西側に設置しなくてはいけなくなりました。どち …