環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

土壌汚染

土壌汚染(どじょうおせん)とは典型七公害の一つ。人間活動によって排出された有害物質がその処理が適切で無いなどの理由で土壌に浸透して土壌(ならびに地下水)が汚染されてしまった状態のことを指す。重金属、有機溶剤、農薬、油などが代表的。

土壌汚染は、水質汚濁大気汚染などと異なり周囲の環境が明確に変化するわけではないために気付きにくい公害といわれている。そのため、対策も後手にまわりがちという問題がある。また、土壌汚染は他の公害と比較しても回復するまでにかかる期間が長いことも問題視されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

土壌汚染に関するQ&A・クチコミ

土壌汚染に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

犬の散歩の際どうされてますか?
メッキ工場跡の住宅地の購入を考えてるんですが、「土壌汚染がヒドいから、やめときな」と言ってくれる人もいます。具体的にどんな害が考えられるか教 …
チェーンメールがうざいです。
愛猫家の方は福島の猫に限っては殺処分されることを願っていますか?
仙台市青葉区に住んでいます。家庭菜園をしているのですが原発の影響を受けているのか分かりません。100キロ離れているのですが根菜類、葉物野菜を …
長年、建物があった土地に木造住宅を新築する予定です。
ヤバイのは、多くの日本人が気づかないまま中国産の「汚染食品」を食べていることだ。
購入した土地の地下2メートルから処理不能な産業廃棄物が大量に出て来て土壌汚染の心配があり土の入れ替えが必要とのこと。責任はどこにあるのでしょ …
もしも環境問題を一つだけ解決できるなら
登記地目が田、現況宅地と表示されている土地の購入を決め、手付け金を支払った状態です。分譲地の売れ残りで、北側は老人ホーム、東西に比較的新しい …