環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

リサイクルマーク

リサイクルマークとは、リサイクル識別表示マークとも呼ばれるしるしのこと。当該製品がリサイクル可能かどうかを判別するためのマークで、1991年に再生資源利用促進法によりスチール缶やアルミ缶にリサイクルマークが義務付けられている。
リサイクルマークは製品を廃棄する場合などに分別収集をよりやりやすくして、資源としての再利用を促進するためのマークとなっている。

現在では、アルミ缶、スチール缶、紙製容器包装、プラスチック製容器包装、ペットボトル、ニッケル・カドミウム蓄電池、ニッケル・水素蓄電池、リチウムイオン蓄電池、鉛蓄電池、塩化ビニル製建設資材などの様々な種類がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

リサイクルマークに関するQ&A・クチコミ

リサイクルマークに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

NHKの解約が出来ません。
今までやりたい放題で地球汚してきたのに今更エコとかありえなくない?
ゴミの分別について。私の地域ではペットボトル、ビン、缶のみ収集日が異なるのですが、これらは洗って出すのが常識ですか?お茶とかジュースならすす …
リサイクルごみは洗う?
「商業施設の女子トイレに女装して侵入 神奈川県職員の男逮捕」トイレマークが男か女かわかりにくいトイレあるよね。マクドナルドなんかトイレなのか …
ゴミの分別の真実を知りたい
年末年始、空き巣の下見?
ペットボトルのキャップの再利用について
現在リサイクルショップはPSEマークのない家電を大安売りしているようですがで...
泥棒に入られました。犯人は近所に住む男性(35歳)です。盗んだ品物をリサイクルショップで売ってました。盗まれた商品はリサイクルショップから足 …