環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

分別収集

分別収集(ぶんべつしゅうしゅう)とは、ゴミ・廃棄物の処分やリサイクルなどをやりやすくするために、材質・特徴ごとに廃棄物を分類して収集すること、またはそのシステムの事を指す。以前までは廃棄物は「可燃」「不燃」程度の分類しかなかったもの、古紙、プラスティック、乾電池、蛍光灯などのように、分類して廃棄するようになった。

分別収集のルールは各市区町村ごとに異なっており、市町村によっては20以上もの分類を設けているところもある。例えば、徳島県上勝町の場合は、分別収集に34ものラベル(分別)を求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典