環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

炭素税

炭素税(たんそぜい:Carbon Tax)とは、環境税の一種で、中でも地球温暖化の原因として知られる二酸化炭素温室効果ガス)に対してその経済的な手法により使用の抑制を図る規制的目的の税である。ガソリン、石油、石炭などの化石燃料の使用に伴い排出される二酸化炭素量に対して課税が行われる税制のこと。

化石燃料の価格が炭素税分上昇することから、経済的な側面からその使用量を削減することを目的としている。排出削減をそれぞれの経済主体の自主的な意識に任せるよりも、税による価格インセンティブをつけることにより積極的な削減効果があるとされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典