環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

環境税

環境税(かんきょうぜい:Environmental Tax)とは、環境負荷(ダメージ)を抑制させるために、課税対象として環境に負荷を与える物質が対象となる税のことを指す。特に、化石燃料に対して課税する環境税については「炭素税」と呼ばれることもある。

経済的手法(課税)により環境問題を解決するために導入される税のことを指す。担税力に対して課される所得税や消費税などとは異なり、規制的な意味合いを持つ。地球温暖化に対する対策として有効な手法であるとされており、特に欧州においてはすでにいくつかの国で環境税の導入が実際にされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典