環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

デポジット

デポジット(deposit)とは預かり金のこと。商品の販売価格に一定の預かり金(デポジット)を上乗せして販売し、その後容器や瓶などを回収した時点でデポジットを返却する仕組みのことをデポジット制度と呼ぶ。

いわゆるリターナブル瓶などには昔からこうしたデポジット制度があり、ビール瓶などを回収すると一本につき数円が返却された。こうすることにより瓶の回収に対してのインセンティブ(誘引)をつけることが可能なため、回収率が向上することが期待できる。
ゴミの削減というだけでなく、リユース3R)の観点からも、リユースしやすい商品についてはデポジット制度を導入することで、回収率を向上させ結果としてゴミの減少などにつなげることが可能である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

デポジットに関するQ&A・クチコミ

デポジットに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

リサイクルできる商品全部にデポジットを付ければリサイクル率は増えると思いませんか?
アメリカでは空き缶、瓶の回収をしてデポジットしてました。
デポジットを法律で義務付けることについての問題点はありますか?