環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

仮想水

仮想水(かそうみず)とは、農作物などの生産によって消費した水を数値化したもの。たとえば大豆を輸入した場合、その大豆の生産に使った水を、水を輸入したものとして数値化し、見える化したもの。詳細は「バーチャルウォーター」の項目で解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

仮想水に関するQ&A・クチコミ

仮想水に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11101764781
仮想水について
自分なりにこの本文を英訳してみたのですが、何か物足らずなのと、文法が間違ってるのが自分でもわかって、うまく訳すことができませんでした。
ウォーターフットプリントと仮想水の違いを教えろください