環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

見える化

見える化(みえるか)とは、様々な漠然とした活動を具体的な数値として指標化するという取り組みの事を指す。環境分野でもこうした「見える化」が一つの手段として注目されており、特に温室効果ガス二酸化炭素:CO2)の排出量を「見える化」することでその削減を図るという活動も行われている。

例えば、各製品ごとに製造から消費、廃棄に必要となる二酸化炭素の量を表示したりする「カーボンフットプリント(炭素の足跡)」と呼ばれ、個人個人がそれぞれの生活で排出している温室効果ガスの排出量を「見える化」した上で把握し、可能な部分から二酸化炭素(CO2)の排出量を減らしていこうとする働きも活発化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典