環境ビジネス用語辞典住宅設備 >スマートハウス
環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

スマートハウス

スマートハウス(Smart House)とは、太陽光発電システム電気自動車省エネ家電などを活用して家庭におけるエネルギーを管理して最適化する機能を持った住宅のこと。スマートグリッドの普及と関連してスマートハウスへの取り組みが進められている。

省エネ家電を単に使ったり、太陽光発電でエネルギーを作るといったことだけでなく、こうしたねルギーを管理して適切に利用するといったシステムも含まれる。例えば、給湯システムにおいて必要な湯量だけを沸かすようにする、部屋の照明を外部の天気(採光)にあわせて自動調整するなどが挙げられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

スマートハウスに関するQ&A・クチコミ

スマートハウスに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

新築の家に太陽光発電を設置します。図面では3キロ。妻は「パナソニックのHIT10キロ以上よ」と言い切ります。
新築購入予定です。 最近いい土地が見つかりまだ押さえてはないのですが、ハウスメーカーを決めようとしている段階です。 これまでにハウジング内は …
スマートハウス って?
この度、急に家を建替える事になった者です。
大和ハウスについて質問です。
新築住宅を購入予定です。積水ハウスとミサワホームで迷っています。積水ハウスは注文住宅、ミサワホームはスマートスタイルで蔵のあるタイプで考えて …
太陽光発電は10キロ未満と10キロ以上ではどちらが得ですか。
一戸建て住宅を検討しています。展示場に家族で足を運びました。ハウスメーカー大手の積水ハウス・車が全てトヨタ車なので、
私はピザハウスを営んでおります。
太陽光発電設備、平均6kw設置で、一日40kw発電可能だから1680円×30×12=613200円と書いてありましたが本当でしょうか? 目安 …