環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

熱効率

熱効率(ねつこうりつ)とは、投入する熱エネルギーをどの程度電力や仕事に変換することができるのかという割合のこと。例えば、100の熱エネルギーを投下して、実際に50の仕事をした場合の熱効率は50%ということになる。残りは、排熱となったり、光エネルギーなど目的外のエネルギーとなる。当然だが、熱効率が100%を越えることはない。

例えば、灯油を1リットル燃焼させた場合8771kcalのエネルギーが発生する。これを使った場合、熱効率が60%の場合は5262.6kcalのエネルギーが水をお湯にするためのエネルギーとして使われ、残りのエネルギーは排熱等としてそとに出て行くことになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

熱効率に関するQ&A・クチコミ

熱効率に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

太陽光発電についての質問です。
太陽光発電設備取り付けを検討しています。メーカーによって性能差があると聞きますが、東芝とパナソニックではどの程度の差があるのでしょう?
14畳のリビングに吹き抜けのある家を購入する予定です。
私の部屋(2階)にはクーラーがなく夏になると暑いです。。。
家のガスレンジをIHクッキングヒーターに変えようとしたら、ガス屋さんから光熱費が上がるといわれました。でも熱効率を計算したら下がるはずなんで …
ただいま、注文住宅を現在進行中の者です。吹き抜けスペースをリビング(10畳予定)に設けようと思っております。熱効率が悪いということで、かなり …
みなさんはどんなフライパンを使っていますか?
原子力って、実はあまりエネルギー効率良くないのですってね?
これからはガスじゃないですか 電気はダメだと完璧に証明されましたからね だいたいにおいて 電気では煮物位しか料理できません …
昔、購入した未使用のアムウェイの鍋をいくつか持っています。今度、オール電化にして、ガスコンロをIHクッキングヒーターに変える予定です。IHク …