環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

液化天然ガス

液化天然ガス(えきかてんねんがす:Liquefied Natural Gas)とはLNGとも呼ばれる。メタンを主成分とする天然ガスを冷却し液化したもの。体積が1/600にまで小さくなるため輸送に適している。また、石油や石炭などの化石燃料と比較して燃焼時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、クリーンエネルギーの一つとして利用されている。

現在では都市ガスの原料や火力発電所でのエネルギー、液化天然ガス自動車としても利用されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

液化天然ガスに関するQ&A・クチコミ

液化天然ガスに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

原発がないと日本中の電力が不足する、と言われている方、下記の内容はどう思われますか?また地球環境の破壊だとか言われるのでしょうか?それとも石 …
電気自動車が環境に悪いのは、電気の作られ方が悪いからなのですが、
賃貸アパートのガス会社変更について。
電気自動車が環境に悪いのは、電気の作られ方が悪いからなのですが、
電気料金の燃料費調整について。
液化天然ガス、液化石油ガス、LPガス、プロパンガスなど、いろいろの呼び名があるガスについて教えてください。
素人が余計な事すんなやボケ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天然ガス(主にメタンガス)をボンベに入れて売れませんか? プロパンと違ってメタン等は容易には液化しないんで現在ではガス管で各家庭に売りに出し …
一般高圧ガス保安規則第64条にある保安統括者の選任不要についてです。選任不要とされている設備がその条項に書かれてありますが、下記の条項は具体 …
これはどこの国の実施例ですか?