環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

火力発電

火力発電(かりょくはつでん)とは、石油や天然ガスなどの燃料を燃焼させ、その熱エネルギーを電気に変換することによる発電方式を指す。日本においては1970年代までは燃料として石油が大半を占めていたが、09年現在では石炭、天然ガスのりようが多く、石油はわずか15%程度となっている。

火力発電は、その構造上出力の調整が原子力発電や太陽光発電、風力発電などと比較して簡単であるため、蓄電技術が発展途上の現在では、電力供給の調整として欠かすことができない発電方式である。
一方で、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)等の温室効果ガス排出量が多いことから地球温暖化の原因ともされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典