環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

分散型発電

分散型発電(ぶんさんがたはつでん)とは、火力発電などのように大規模な発電所で電気を作り、その電力を送電網によって送る集中型発電に対して、電気を必要な場所ですこしずつ発電して利用するという方法のこと。

分散型発電の場合は送電する際のロスが小さくて済む他、発電時の排熱を利用したコージェネレーションなどもやりやすくなる。一方で発電の方法によっては大規模発電(集中型発電)の方が効率的な場合もある。
分散型発電の代表的なものはスケールメリットが生じにくい太陽光発電システムなどによる発電が代表的である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典