環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

逆浸透膜

逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく:Reverse Osmosis Membrane:RO膜)とは、水を通し水以外の不純物は通さない性質を持つ膜のこと。こうした性質を利用して海水に含まれている不純物(塩分など)を取り除く海水淡水化などに使われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

逆浸透膜に関するQ&A・クチコミ

逆浸透膜に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

浄水器詳しい方いませんか?購入したいのですが、いいメーカーのもの、選ぶポイントなど教えて下さい!
砂漠の国ドバイは海水を淡水に変えている
逆浸透膜濾過装置を使用しているスーパーを探しています。
逆浸透膜?ですか、純水と言われるお水が飲みずらいのですが私だけでしょうか?
海水魚飼育の海水について質問お願いします。
ウォーターサーバーについて。
スーパーマーケットの浄水器で放射能除去できるという新聞記事を読んだのですが逆浸透膜をつかった浄水器だそうです。逆浸透膜をつかうと本当に除去で …
この逆浸透膜濾過装置は怪しい?
東京の水が放射能で危ないと思い、浄水器でシーガルフォーと逆浸透膜の浄水器を検討しています。
現在生まれてから3ヶ月くらいの子猫を飼っているのですが、ウォーターサーバーの水を飲ませても良いのでしょうか?? ちなみに動物病院と購入したペ …