環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

公称最大出力(太陽光発電)

公称最大出力(こうしょうさいだいしゅつりょく)とは、一枚の太陽電池モジュールが発電することができる最大出力(最大電力)のこと。特定の条件下で出力(発電)可能な電力で、AM(エアマス)1.5、放射照度1000W/†、モジュール温度25度の場合」とJISにより定められている。

公称最大出力が大きい太陽電池モジュールであるほど、より効率的に発電することができるということになる。ただし、公称最大出力はあくまでも最大出力であり、ある一定の条件の下での発電量となる。そのため、モジュールの汚れ、天気の状態、温度などによって実際の発電量は変わってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典