環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

パッシブソーラー

パッシブソーラー(Passive Solar)とは、アクティブソーラーの対義語として用いられる。太陽の光や熱エネルギーを積極的に活用するのではなく、受動的に活用するシステムのことを指す。一般的には一度取り入れた太陽の熱エネルギーなどを効率的に活用するための取り組みなどが挙げられる。

例えば、太陽光発電システムソーラーシステム太陽熱温水器)などは、太陽の光や熱エネルギーを直接的に活用するシステムだが、パッシブソーラーは窓から効率的に光を取りれることができるようになっていたり、太陽の熱を自然な形で利用するシステムなどが挙げられる。
また、それぞれの地域の伝統的な住宅も多くの場合はこうした自然のエネルギーを上手に活用するように作られていることが多く、広義的にはパッシブソーラーな住宅といえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

パッシブソーラーに関するQ&A・クチコミ

パッシブソーラーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

現在新築検討中で、陽当たりの良い南向き一面に土間を造って、冬場に太陽熱を溜めるパッシブソーラーを検討していますが、実際のところ、どこまでの効 …
パッシブデザインがわかりません。パッシブデザインって本当に有効ですか?
だいぶ家づくりの勉強をしましたが、工務店が建てる家では、
近赤外線と遠赤外線とLow-Eガラス
素晴らしき太陽熱について
パッシブソーラーの住宅について伺いたいのですが
快適な温度環境とは、 パッシブソーラーハウスダイレクトゲインです。 テストハウスなので、小さな小さな家です。 床の間口は1.8Mで奥行き1 …
新築での天井断熱について再度質問です。現在グラスウール10K100mmとなっています。これを200mmにお願いする場合は二重にしてもらえば良 …
ソーラー建築においてのパッシブデザインとアクティブデザインの違いは何ですか?
ありがとうございました