環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

アクティブソーラー

アクティブソーラー(Active Solar)とは、家庭内における給湯、冷房、暖房、電力などに対して太陽のエネルギーを利用するシステムのことを指す。省エネを目的とし、集熱装置を利用したソーラーシステムや太陽の光エネルギーを活用する太陽光発電システムなどが代表的。

アクティブ(積極的)という言葉があるように、集熱、集光などにより太陽の光エネルギー、熱エネルギーを積極的に取り入れることを指す。なお、こうしたシステムを備える住宅のことを「アクティブソーラーハウス(ソーラーハウス)」と呼ぶ。
なお、関連語に「パッシブソーラー」がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

アクティブソーラーに関するQ&A・クチコミ

アクティブソーラーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

タマホームの大容量ソーラーハウス 楽楽 の家というものをネットで見かけて、非常に気になっています。 現在ソーラーパネル搭載の新築を検討中なの …
木造の家を建てたいと考えています。現在、セキスイハイム(グランツーユー)積水ハウス(シャーウッド)住友林業で思案中です。決め手を教えてくださ …
全家屋がソーラーハウスになったら発電量の20%(?)を賄う原発は不要になりますか。
屋根にソーラーパネルを付けた家に住むには、どのような注意が必要ですか?
近赤外線と遠赤外線とLow-Eガラス
パッシブソーラーハウスの質問です。 ダイレクトゲインです。床と壁はレンガなど蓄熱材をまんべんなく設置してあります。 高気密高断熱もしてありま …
ペアガラス(5+6+5) 熱貫流率2.8Kcal/mhC はスタイロフォーム熱伝導率0.03w/m.kの何センチメートル厚に相当しますか?
ソーラーハウス(太陽光発電)についてお伺いします。
今家を建てようと考えています。
パッシブソーラーハウスとは、どのような造りの住宅のことを言うのでしょうか?