環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

デシベル

デシベル (decibel:dB) とは、電気工学や振動・音響などの分野で使用される単位のこと。基準と比較して度の程度大きいかという表現で使用され、環境分野では音の大きさの単位として使われることが多い。

ちなみに、デシベルと音の大きさ単位としてみた場合の目安は以下のようになる。

20dB:木の葉のふれあう音
30dB:ささやき声程度・図書館のような静けさ
40dB:静かな住宅地の静かさ
50dB:静かな事務所、エアコンの室外機
60dB:チャイム音、普通の会話音程度
70dB:掃除機の音、電話のベル音程度、騒々しい事務所
80dB:地下鉄の車内・電車の車内
90dB:大声、騒々しい工場の中、カラオケの室内
100dB:電車が通るガード下
110dB:ヘリコプターのそばでの騒音、自動車のホーン音(前方2m)
120dB:飛行機のエンジン音です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典