環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

エアコン

エアコン(Air Conditioner:エアーコンディショナー)とは、ヒートポンプ技術を活用した冷暖房器具。冷媒を利用して熱交換という仕組みにより、部屋の熱を奪ったり(冷房)、外気の熱を奪い室内に還流したり(暖房)することによる空調機能を持つ冷暖房器具である。

ヒートポンプ技術の進歩により、冷暖房器具として経済性は最も高い。特に、技術の進歩から1990年代のエアコンと2009年現在のエアコンを比較した場合、効率性でみても40%以上の省エネ性能となっているため、主要な冷暖房器具として利用している場合は買換えを行うことの方が数年単位で見た場合はより経済的になる場合もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典