環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

光化学スモッグ

光化学スモッグ(こうかがくすもっぐ)。工場・自動車などの排気ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素が日光により光反応を起こして生成された光化学オキシダントする。この空気中に停留し濃度が高くなりスモッグ状になることを光化学スモッグといい、大気汚染の一種。

光化学スモッグが発生しやすい条件は夏(高温)であり、日差しが強く、無風(または微風)の際に発生しやすい。日本では1970年代に多く発生し社会問題化したが、減少傾向にある。
しかしながら、ヒートアイランド現象、中国からの大気汚染物質の流入などによりまた大都市圏において増加の兆しを見せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典