環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

光化学オキシダント

光化学オキシダント(こうかがくおきしだんと)とは、窒素酸化物と炭化水素が光化学反抗を生じて起こる酸化性物質の総称。強力な酸化作用をもち、光化学スモッグの原因となる。夏など日射量が多く高温・無風などの条件がかさなると、光化学オキシダントやパーオキシアセチルナイトレートの濃度が高くなると状態を「光化学スモッグ」と呼ぶ。

光化学オキシダントは高濃度の場合、人体に対して、目やのどの粘膜を刺激するなどの直接的な健康被害を引き起こすとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典