環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

化学的酸素要求量

化学的酸素要求量(かがくてきさんそようきゅうりょう)とは、酸素消費量とも呼ばれる指標の一つ。
Chemical Oxygen Demandの頭文字からCODとも略されることがある。水質汚濁に関する指標で、酸化剤により酸化される物質がどのくらい含まれているかを酸素の量に換算して示したもの。

単位はppmで表示され数値が大きいほど水中に含まれている有機物量が多いということになり、水質汚濁がすすでいるということになる。
環境汚染の程度をはかるため以外にも工場などからの排水に関する指標としても利用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

化学的酸素要求量に関するQ&A・クチコミ

化学的酸素要求量に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

浄化槽の水質検査で「BODが基準を超えていますので、今後の状況に注意して管理してください。」という判定でした。どのようにしたらBODが下がり …
浄化槽管理士の方に回答頂きたいのですが、下記の水質データについてどう評価しますか? ある民宿の浄化槽です。 合併浄化槽30人槽 平均20人位 …
生体以外で水中の酸素を沢山消費してくれる物って何でしょうか?