環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

家電リサイクル法

家電リサイクル法(かでんりさいくるほう)とは、正式名称「特定家庭用機器再商品化法」という法律で平成13年4月に施工された法律で、一般家庭等から出されるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などについて有効にリサイクルするための法律。

対象商品を廃棄する場合は、購入した販売店または引き取り可能な販売店に持ち込み、そこで料金(リサイクル料金)を支払う。その後販売店は製造メーカーに応じて定められている集積場所に運び、各社のリサイクル向上へと運搬される。
また、リサイクル券が郵便局において販売されているため、この券を購入し対象商品に貼り付けた上で、直接指定場所に持ち込んでも良い。

多くの場合は、家電量販店等での引受もおこなっているため、買換えの際に配送と同時に引き取りなどを行っている。また、地域によっては自治体が窓口となって引受を行っているところもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典