環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

省エネ法

省エネ法(しょうえねほう)とは、正式名称「エネルギーの使用の合理化に関する法律」とは、1979年に施行された省エネルギーに関して定められている法律。1993年改正で基本方針の策定、1998年にはCOP3(気候変動枠組条約締結国会議)を受けての、トップランナー方式の導入、大規模工場への省エネルギー計画の作成義務などが定められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

省エネ法に関するQ&A・クチコミ

省エネ法に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

ヒートアイランドの対策として、費用の掛からない解決策として何がありますか?
雨水の有効活用として、トイレや散水、洗車等への利用が一般的のようですが、そのほかに「省エネ」という観点からの活用方法はありますでしょうか?ま …
地球温暖化の原因は二酸化炭素にありそれは人間の経済活動が原因で人間の努力で解決できる問題と考えている方に伺いたいのですが、ズバリ温暖化対策で …
某HMにて新築中であり、断熱材の熱抵抗値について質問です。
建築基準法の矛盾について如何思いますか?
規模の大きくない、地場の工務店(○○建設)が設計施工した建売住宅を購入検討しています。耐震性能に不安を感じており質問です。品確法による耐震性 …
来年家(木造)を建てようと考えてのですが、住宅版エコポイントを得る為には「省エネ基準を満たし高効率の給湯機器を備えるなどして省エネ法で定める …
エレベーターの扉に関して
蓄熱暖房器を置く場合の地域(次世代省エネ地域Ⅳ)にあった断熱材(種類、厚み)のおすすめの組合せを教えてください。
「省エネ法のトップランナー基準相当」と「住宅エコ」について教えて下さい。