環境ビジネス用語辞典

環境ビジネス用語辞典

レアメタル

レアメタルとは、希少金属とも呼ばれ非鉄金属の中でも特に産業用として流通量が少ない稀少な金属のこと。非鉄全般を指す場合もあるが、狭義には鉄・銅・アルミなどの一般金属、金・銀などの貴金属をのぞいた金属であり、産業用として利用される金属を指す場合が多い。

レアメタルは電子構造や蓄電池(リチウムなど)などに用いられることが多く、特に近年では中国における需要拡大に伴って価格も高騰している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

環境ビジネス用語辞典

  

 

レアメタルに関するQ&A・クチコミ

レアメタルに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

この犬と出会うとレアだなと思う犬は?
資源を一杯使うプリウスって、本当に環境に良いんですか?
ハイブリットカーや電気自動車に乗ることが「エコ」だと言うのは、
古紙回収について
携帯のデータを完全に消去する方法です。携帯にはレアメタルが多く含まれているんですよね。リサイクルに協力したいのですが中のデータがとても心配で …
市のクリーンセンターに職場でいらなくなった机や事務用品を持ち込んだら、「ここでは処分できません。!」と
荒地を二束三文で買ったとします。 その後、その地からレアメタルが大量に取れる事が分かり、 買った人は、大金持ちになりました。 元の持ち主は …
都市鉱脈といって、使わなくなった携帯電話を無料回収しますよね。レアメタルや金などの回収が目的と聞きます。
★TPPに参加しろ、食料は金で買えば済む事だ!
自動車が引き起こす環境問題にはどんなものがあるのでしょうか?